ほらほら、ぼーっとしてるの映ってる!そんな君たちをずっと見守ってきたんだ。
スポンサーサイト  

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク  
お兄ちゃん!!!  
えぇ、松本さん、いもちゃんのコーナーにコメント登場でした。
えぇ、もう、なんて云うか…えぇ…















あのお兄ちゃんをクダサイ真剣












いきなりの登場で流石に噴いたね。笑
っていうかお兄ちゃんって!お兄ちゃんって!







…………













お兄ちゃんって!
3回目



 あ か ん …(((; ゚Д゚)))
可愛いとか可愛くないの次元じゃない…
マジデアノヒトヲクダサイ。(真顔で)
お兄ちゃん口調でいもちゃんに喋ってる松本さんが本気で可愛かった!
でも、ちゃっかりアルバム宣伝忘れてる…_| ̄|〇

つーか、もうお兄ちゃんだよ。
どうしよう、こんなに素敵なお兄ちゃんが出来てしまった。
(恋は盲目だよね。)

アレだよね、もういっそ着ボイスしかないよね。痛





うん、っていうか…











作っちゃったケドね?


















痛ぇ――――――((( ゚Д゚)))

自分、イテ――――――!!!
(大絶叫)

でも、ドンドコ幸せなので致し方ないな、自分。笑
自分の胸にだけおさめとこ。

でもコレは流石に使えないよなぁ…
メールの着信音が『お兄ちゃんだよ!』って、
社会的にもイタイ人になる。爆


あぁ、もう十分イタイ人だからとか云うなって。


さぁ、独り言もこの辺で。
そろそろと、オヤスミナサイ。

ラジオ / comments(0) / - / 椏樹(aki)  
ちょこっとJ-WAVE  
J-WAVEもガッツリ聴きましたよ―!
出番は15分〜20分って感じでした。
前半が舞台・演技について、後半がアルバム・コンサートについてでした。

終始、松本節炸裂しておりました…。爆
「性格良くないんでしょうーね。」(自分に対して)
とか、ド直球で云ってるシーンでは返しに困ってましたよ…汗

でも、こーいう風にラジオに出演するっていうのは
松本様個人ではめちゃくちゃ久しぶりなので、色々な話を外から聞ける機会で良かったです。
JUNスタで話しているのとはまた感じも変わってますし。





で、最後の最後あたりに云ってたメンバーの事が
あまりにパンチ効いてたんで、爆


こちらをどうぞ。












「僕等あの、凄い、ちょっと変で。

 いや、なんか…スキンシップが激しいんですよ。
 でも、その気は誰一人としてなくて寧ろネタなんですよ。
 
 でも、そろそろネタでキスとか出来るんじゃないかなと。爆

 ちょっと思ってるところがあって…

 何かノリで周りがそれで盛り上がれるんだったら
 普通に出来る…位な、それ位、スキンシップが激しい。」






でも、なんでもさらけ出せる仲間がいるって良い事ですよといわれ、



「…はい…ちょっと気持ち悪いんですけど。」













えっと、
















どっからツッコめば良い?松本さん







エライつっこみに迷ったんだけど、これしかないよね。



















今更か。










っつーか、チューはしてませんでしたか?(真顔)
え、もっと何ですか、真剣にやるって意味ですか!?
(逆ギレ)
っつーか、明らかにちゅーの件のトコ、ちょい引いてたよ!!!
別所さんは笑ってたけど。女の方も笑ってたけど。
ちょっと引いてたよ!

流石だよ!松本!

一番最後の話がコレって…どんだけ素晴らしいんだ、アンタ。爆


もうね、最後の最後でやられました。
もう、ちゅーだろうがなんだろうが思いっきりやるといい。
予告、したんだからいっそやるといい。爆

まぁ、本当の最後に「そういうスキンシップが見られるんですか」と云われ













「まぁ、ちょこちょことね、


 バレない様にやって行きたいと思います。爆」















なにするつもりだ。












皆様、この夏、あの子達はますますスキンシップ過多になりそうです。
いつ爆弾落とされても良い様に、

心臓丈夫にしとけ!まじで!!


って事で、どこまでもどこまでも松本節だった松本さんのラジオ出演でした。
松本様、お疲れ様でございました〜!

ラジオ / comments(2) / - / 椏樹(aki)  
ユラユラ〜〜  
こんばんわ―(゜∀゜≡゜∀゜)
深夜上等、椏樹です。

いやー明日は中学時からの親友ちゃんとちょいとお出掛けなんですが、

智くんカムイン!って事で。

TBSレディオに噛み付いてます。
っつーかなんつー遅い番組……
これって録音ですよね?まさか(´Д`;≡;´Д`)
生でやってないですよね………

ゲストのコーナーに智くん出るっぽいので
トークもあるんではないかと…ぴかぴか
限界突端までは眠気来そうなんですけど、

限界突破したら、そりゃあもう。





ね?





明日に差し支えない位に頑張ります〜!
っていうかAMは本当に茨城放送以外、ノイズ酷いな…_| ̄|〇



あ、PC切ればいいのか?
(そーですね)









>コメント、ありがとうございます゜.+:。(*´-`*)゜.+:。!!!
レスは明日、帰宅後にゆっくりお返しいたします。
よろしくお願いしますー!


ラジオ / comments(0) / - / 椏樹(aki)  
マサキ登場ー!(簡易版)  


という事で、きょうのJ-WAVEは雅紀が登場!
レポの形を変えてお届けしますー。笑

いや、ちょ、そこそこ。




根性無しとか云うなって。爆








今日もネタはエアギターから。
嵐は、これからのエア大会に出ないのかと言われ…

「嵐はもういいですね…
 もう、もう大丈夫です。
 楽しかったです、思い出として。爆」



うん、雅紀、大会前から飽きt(強制終了)
昨日のたけのこのくだりを雅紀は聞いていたらしい…
もしかして、一気撮りか?

で、1人目の相談。
『大学生活になにかやらかしたいんですがどうすればいいですか?』

だから、この番組さ。



質問が異質すぎるだろ。



そんなこんなで2人が『やらかし』てしまった話。
雅紀は寝坊して、「もう来なくていいよ」と云われた事だそうで…

この番組ってなんですか?(素で)

そしてシメコメ!

「こんな僕でもやってこれたから、
 やらかしってやろうとおもってやるわけじゃないじゃないですか?
 だから、普通にしてれば出て来るから、
 きっと大丈夫ですよ!」




ハイキタ―――(゜∀゜≡゜∀゜)




もうね、このコーナーのメインといっても過言ではないです。笑

んで、次の相談。






コレがまた曲者でした。





相談者は、恐らく…フィリピン人のニューハーフの方…
みたいなんですが、喋り方が凄く吐息交じり(爆)で

殆ど聴こえないという事態発生。



っつーか途中で雅紀の笑い声が聞こえる始末。



ちなみに、この方、嵐でイチバンのお気に入りは…






ジュンちゃん。






アレ、それ、


もしかしなくてもウチの人か?

相変わらず、…にオモテになる方だ。
ちなみに理由はカワイイから。

ほ―――――――――………_| ̄|〇






あ、忘れてたけど、(酷)
質問は、お店のやり方と合わず、普通の仕事がしたいとの事。
んで、雅紀のお答え。

「今の世の中、仕事につけるだけありがたいと思うんですよ。
 だから、きっとこの方も大丈夫だと思いますよ!」


「…だって大丈夫って云わないと、
 曲かけてくれないんでしょ!!?」


と、若干ご立腹な雅紀でした。笑
これさ、本当、質問の内容が凄すぎるんだけど、毎日。
明日とか、翔ぴんだっけ?
どーなんのかね、コレ。爆

と、ここで『春風スニーカー』。

曲明けは、『黄色い涙』のお話をしていました。
やっぱりまだ、詳しい事は秘密ですな――。。
時代背景の事を云ったのに留まりました丶(・ω・`)

主人公達は戦争を知っている世代との事で、
そういう部分での役作りも大変そうですね…


という事で、また明日ー!
えっと、あしたは翔ぴんで当たってるよね?爆

告知無かったよー
ラジオ / comments(0) / - / 椏樹(aki)  
ニノミヤ登場!  


「お聴き頂いたのは、嵐のニューシングル『きっと大丈夫』です!」
「いやー元気の良い曲ですよね」
「ですね!」
「元気のある…」
「春らしい!えぇ、良い感じだと思いますけどね」
「私、DVDも見させて頂いたんですけれど、
 皆さん、踊ってますよね」
「そうですね。」
「しっかりと。」
「あ、見たんですか!どーでした?」
「いいなーアイドルって。」
「あはは、そういう事なんだ?」

「えっと、映画に。『硫黄島からの手紙』にご出演されたと。」
「そうですね」
「どうだったんですか?」
「クリントイーストウッドが監督で、スピルバーグも一緒になって。
 なんかそもそも、クリントイーストウッドが『父親達の星条旗』っていう本を読んだ時に
 アメリカ版と日本版があるんですけど、
 アメリカ版の本を見た時に、これは良い、映画にしたいと思って
 で、その本を買おうとしたんですって、でも自分の会社はお金が無くて、
 で、スピルバーグに頼んだみたいなんですよね。
 そう、そうしたらスピルバーグが『じゃあ、自分が撮ったら?』って事になって。
 根っから映画が好きで、
 自分が撮りたいからとか自分が出たいからとか
 そういう事じゃなくてこの作品は世に出た方が良いって云う考えで
 でも自分じゃ買えねーから、だから作って欲しいっていう
 結構、自分が最初の観客っていう考えなんですよ。

 だから、もう自分が満足したら、終わりとか。
 そーいうの多かったですよ。

 良いシーン撮れたなと思ったら、今日は満足して帰ってくとか
 そーいうのはありましたね」


「父親達の星条旗を日本側の視点からっていうことなんですね?」
「そうですね。ようはこっちが『硫黄島からの手紙』っていうタイトルで
 あちらが『父親達の星条旗』で。
 その、アメリカ版と日本版を作ったって云う意図は
 戦争って言うのはどっちが善でどっちが悪とかそういうのではなく、
 でアメリカの戦争映画って云うのは
 『アメリカは正義だ!』『アメリカは強いんだ!』って云うのが多かった。
 でもそれは戦争じゃないんだよって。
 本当の戦争は善も悪も無いんだよ。やるだけ無駄なんだよって云うのが
 この映画のそのメッセージですね。」


「本当に楽しい時間、あっという間で」
「あら!そうなんですか!?早いねー」
「最後に思いのたけをぶちまけて頂きたい。」
「その、5月17日にリリースされますので、是非とも聴いて
 まぁ、これに付随するわけじゃないですけれどコンサートも
 時間がたつと始まっていくと思うので、そちらを楽しんでいただく為にも
 コレを聴いて、テンションあげて頂けたらなと。
 思いますね」

「これ、本当にテンションあがりますよね?
 大丈夫大丈夫って気になってきますよね。」
「(笑)怒ってるの?」

「今日は二宮和也さんに来ていただきました、
 ありがとうございました。」
「ありがとうございました!」


にのちお疲れ様でした〜(´∀`)
どうやら、生出演では無かったっぽい?
明日は雅紀ですねー!レポできるだけ頑張りたいと思いますー
とりあえず、レポするのとか久々で大変だったーグー。笑

ラジオ / comments(0) / - / 椏樹(aki)  
: 1/2 : >>